2011年08月06日

TCカラーセラピー、生徒さんからのご質問編。

皆様こんにちは。

今日も岡山は元気いっぱいなお天気です。

さて、ここ数カ月TCカラーセラピーに携わるようになり、
生徒さんから、いくつか同様のご質問をお伺いしました。

これは、耳にたこ!ができるほどお伺いするお悩みなので、
こちらのTCコラムで皆様にもご紹介とシェアしたいと思います。

@ 色の意味をお伝えした後の話の広げ方や言葉のかけ方  

  TCは、選ばれた色の意味を解説書を読むスタイルでお伝えします。 
  その後、どのようにお話を続けていけばよいのか。

 → 「コミュニケーションを取る」という事の意識を変えてみて下さい。

   まずは、傾聴(しっかりと話を聴く)する姿勢を持つ事。
   これは、どんどん質問をするという意味でも、同情したり、
   必要以上に共感するという意味ではありません。

   お相手の方に関心を持ち、興味を持って向き合う事で、
   自然にできるようになるのでは、と思います。

  「聴き上手は、話し上手」
  
   あなたが心を開き、しっかりと耳を傾けることで、お相手の方も
   少しずつ閉じていた殻をゆるめ、気持ちよくお話できるといいですね。

   例えば、TVを見ていて、自然に傾聴できている司会者の方や、
   ドラマの会話を参考にしてみてはいかがでしょう。

   あなたの身近にも、自然にできている方がおられるはず。

003.JPG   002.JPG  

A 色の意味が覚えられない・・・。 

 どんな分野であろうと、基礎的な知識は覚える必要があります。
 九九を覚えないと、掛け算ができないように。

→  まず、各色それぞれ、その色が持つ本質的な意味を5〜10、
  端的な言葉で書き出してみましょう。
 (1次色〜3次色の相関関係や補色関係なども思い出して。)

  そして、それをわかりやすい言葉に翻訳し、最後にカウンセリングで
  お伝えできる言葉へと、変容させてみよう〜!

  例:クリア(透明)→ 光・鏡・涙・浄化・終わりと始まり・純粋 

    光 → すべての光(波長)を含む無色透明の太陽の光 → 

    いろんなタイプの方と波長を合わせられる、共感できる、
    あるいは、そうしたいと思われるところがありますか? など。

カラーセラピストとは、お話をしっかり伺い、お相手の状況に合わせ、
その方の心のありようを表す色を、翻訳してお伝えする職人芸です。


もちろん、主役はクライアントの方である事をお忘れなく。exclamation


@は、日ごろからいろんなカラー(タイプ・個性)の方との会話を、
しっかり楽しんでみて下さい!


Aは、講座で習った事をもとに、自然や身の回りに存在する色を、
いつもより意識して感じながら、ご自分で整理してみて下さい。


また、@・Aともに、マスターカラーセラピスト講座
勉強会などで、そのノウハウやこつをお伝えして参りますね。るんるん

そして、色の流れが捉えられないというお悩みも多いのです。

これは、むっちゃ高度なお悩みで、初心者の方には、
お一人での習得は少し難しいかもしれません。たらーっ(汗)

公式勉強会では、実践スタイルで、3本・4本パターンそれぞれ、
色の読み解き方、流れの捉え方をお伝えしていきますね! ぴかぴか(新しい)

001.JPG   008.JPG

これができるようになると、自分自身の理解もお相手の方の理解も、
より深まるようになると思います。


カラーセラピーの扉を開けたあなた。

目の前には、カラフルな色の階段が広がっています。

焦らず、一段ずつ、しっかりと昇って下さいね!


お手伝い出来る事を楽しみに。かわいい

パステルカラー けいこでした。

posted by pastelcolors at 19:39| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。